累計: 検索エンジン登録 本日: SEO対策 昨日: メール配信   アクセスアップ

2007年12月30日

渓流のルアーフィッシィングNO.1

渓流といっても狙う魚種は『イワナ』・『ヤマメ』・『ニジマス』・『オショロコマ』などと多彩です。
魚種によって大きさも強さも違うので適したタックル選びが重要になってきます。

【ロッド】
○長さ:5.6〜7.0フィート(1.68m〜2.1m)くらいのもの。
 ※渓流は川幅狭く上には木の枝、後ろにはボサ等と障害物が多く比較的短いロッドの方が機動性に優れます。
○アクション:エクストラ・ウルトラライト〜ミディアムライト 
 ※アベレージサイズが25センチ前後ならウルトラライトぐらい、35センチ前後ならライトぐらい、45センチ前後ならミディアムライトぐらい。って感じですかね。
好みもありますので絶対ではないですが・・・。
○ルアーウエイト:使うルアーに合わせて選びましょう。
 ※ウルトラライトでは約3〜5gのルアーに対応、ライトでは約5〜18gのルアーに対応となっています。

【リール】
○サイズ:1000番〜2500番
 ※ヤマメなど小さい魚種を狙うなら1000番ぐらい、モンスター虹鱒を釣るなら2500番あたりが良いと思います。

【ライン】
○強度:6〜12ポンドくらいではないでしょうか。
 ※私は川幅が狭く障害物が多い場所では12ポンドを使ってグイグイとファイトしてます(汗。
○種類:ナイロン・PE 
 ※ナイロン:軟らかくトラブルが少ない・伸びがあり合わせ切れしづらい・磨耗性が高い。
 ※PE:強度がある・伸びが無く感度が良い・飛距離が出る。
 ※私はトラブルが低いナイロンが好きです。

【ルアー】
○スピナー・スプーン・ミノーを使います。
 ※重さはロッドのルアーウエイトに合わせて選びます。


オススメ)渓流用のルアーロッドはこちらをクリック

オススメ)渓流用のリールはこちらをクリック


 
posted by RYO at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 渓流ルアー釣りについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ にほんブログ村 トラウトフィッシングへ(文字をクリック)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。